イベント情報

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、イベントが中止または延期される場合があります。最新の情報は各イベントの主催者にお問い合わせください。

Image-empty-state.png

3月31日㈬まで 昭和観光 イルミネーション

華やかなイルミネーションが話題を読んでいるスポット。今年は約10万球のLEDで「オリンピックの無事開催」を願い、五輪マークを作って応援する。

時間/日没〜23:00
場所/鉾田市・昭和観光(鉾田市子生1)
問い合わせ/昭和観光
TEL.0291-37-4501(根本)

Image-empty-state.png

3月31日㈬まで つくば駅前のみんなの客席ソトカフェ

つくばセンター広場にテーブルや椅子、ソファ、ハンモックなど、約100席が登場するフリースペース「ソトカフェ」。フードの出店や市内飲食店のデリバリー、子どものための「ソトカフェライブラリー」などを利用し、3密を避けて屋外でゆったり過ごせる。

 

場所/つくば市・つくばセンター広場
問い合わせ先/つくば市都市計画部学園地区市街地振興室
TEL.029-883-1111

Image-empty-state.png

3月31日㈬まで チームラボ 偕楽園 光の祭

世界的に活躍するアート集団 チームラボが手がける野外アート展覧会が開催され、夜の偕楽園が鮮やかな光の園に生まれ変わる。そのほかアウトドア雑誌「GO OUT」とコラボレーションした野外イベントや朝マルシェ、県内初のスカイバスを使った観光バスの運行なども行われる。
 

チケット/大人1,500円、中高校生800円、小学生以下無料
時間/18:00〜20:30(最終入場20:00)
場所/水戸市・偕楽園
問い合わせ先/茨城放送イベント部
TEL.029-243-4111

Image-empty-state.png

4月の第1日曜(予定) 桜まつり

観桜苑は約50種、350本の桜が植えられた公園を代表する桜の園で、砂沼沿いの遊歩道は約1000本の桜が咲き、訪れる人を楽しませてくれる。

場所/下妻市・砂沼広域公園
問い合わせ/下妻市観光協会
TEL.0296-44-8098

Image-empty-state.png

4月上旬まで 結城さくらめぐり

中世の城郭跡が公園となっており、春は梅や桜が咲き乱れる。園内には与謝蕪村の句碑や埋蔵金伝説の三日月橋もある。

場所/結城市・城跡歴史公園
問い合わせ/結城市商工観光課
TEL.0296-34-0421

Image-empty-state.png

4月10日㈯ 外大野しだれ桜祭り

県指定天然記念物で推定樹齢約300年。樹高約10m、幹周囲約3.5m。伝承によると、徳川光圀公お手植えと言われている。

ライトアップ時間/開花時期の日没〜19:30
場所/大子町・外大野のしだれ桜
問い合わせ/大子町観光協会
TEL.0295-72-0285

Image-empty-state.png

4月10日㈯まで(予定) 桜まつり

霞ヶ浦が一望できる、茨城百景にも選ばれた眺望の良い権現山公園での桜まつり。期間中は毎日ライトアップが行われ、夜桜も満喫できる。

場所/潮来市・権現山公園
問い合わせ先/水郷潮来観光協会
TEL.0299-63-3154

Image-empty-state.png

4月11日㈰まで 鋼と金色−茨城の刀剣と刀装−

特別展Ⅱ「鋼と金色−茨城の刀剣と刀装−」では、刀剣類の優品を中心に、郷土の刀剣文化を物語る史資料を展示する。

入館料/一般610円ほか
時間/9:30〜17:00(入館は16:30まで)
場所/水戸市・茨城県立歴史館
問い合わせ先/茨城県立歴史館
TEL.029-225-4425

Image-empty-state.png

4月11日㈰まで 第37回水戸の桜まつり

湖の周りには桜がぐるりと一周植えられていて、満開の時期は圧巻だ。遊歩道も整備されているので、ウォーキングをしながら花見ができる。

3月27日㈯〜4月11日㈰18:00〜22:00
「千波湖畔の桜ライトアップ」
3月27日㈯、28日㈰13:00〜20:20
「観光漫遊バス〜桜とライトアップ編」
場所/水戸市・千波湖
問い合わせ先/水戸観光コンベンション協会
TEL.029-224-0441

Image-empty-state.png

4月11日㈰まで さくらまつり

約300mある桜並木が、満開に花をつける情景は格別。公園内にある巨大なパラボナアンテナと桜のコラボレーションは、誰もが写真を撮りたくなるスポットだ。

場所/高萩市・さくら宇宙公園
問い合わせ/高萩市観光協会
TEL.0293-23-2121

Image-empty-state.png

4月15日㈭、16日㈮ 春の大祭(祈年祭)

春に、その年の豊作を祈念して、古くから行われている重要な祭。下妻市無形文化財「大宝八幡宮十二座神楽」を奉納する。
※今年は感染予防対策のため、紅白餅や菓子などを撒くのは自粛する

※大祭行事は15日のみ
場所/下妻市・大宝八幡宮
問い合わせ/大宝八幡宮
TEL.0296-44-3756

Image-empty-state.png

4月15日㈭、16日㈮ 大宝まちマルシェ〜春の大祭〜

ハンドメイドサークル「陽だまりマルシェ」がお届けする、手作りの品々と、地域の“ちょっといいもの”のお店が並ぶ。

時間/10:00〜15:00
場所/下妻市・大宝八幡宮
問い合わせ/陽だまりマルシェ
※Facebook、Instagram

Image-empty-state.png

4月中旬まで 東海さくらまつり

さくらまつり期間中は、日没から21時まで桜のライトアップが行われ、日中とは違った幻想的な雰囲気の桜を鑑賞できる。

場所/東海村・阿漕ヶ浦公園
問い合わせ/東海村観光協会
TEL.029-287-0855

Image-empty-state.png

4月17日㈯、18日㈰ 春のハーブ&アロマフェスタ

アロマクラフトと12星座のナチュラルフレグランスなど約100点を展示。

入園料/4月29日から改定 大人300円、
小・中学生・県央地域60才以上150円
場所/水戸市・水戸市植物公園
問い合わせ/水戸市植物公園
TEL.029-243-9311

Image-empty-state.png

4月17日㈯〜25日㈰ さくらそう品種展

春を告げる花として日本各地に自生するサクラソウ。野生種から作出された150種類以上の園芸品種を江戸時代から続く伝統園芸の雰囲気で展示する。

料金/一般・大学生320円、小・中・高校生、
65才以上は無料
場所/つくば市・筑波実験植物園
問い合わせ/筑波実験植物園
TEL.029-851-5159

Image-empty-state.png

4月29日㈷ レインボーマルシェ

タロット占いやアロマ・ウクレレ体験、ビューティー体験などを少しずつ楽しめる。

時間/10:00〜16:00
会場/ひたちなか市・ワークプラザ勝田
問い合わせ/アルカンシエル(高松)
TEL.090-2464-8775

Image-empty-state.png

4月29日(木・祝)〜5月5日(水・祝) 第40回 笠間の陶炎祭

200名を超える作家や窯元が参加して行われる、笠間市でのゴールデンウイーク目玉のイベント。陶芸家が一同に集まり、個性的な店を自分たちで作り、直接買い手と触れ合う。他の産地にはない、作り手参加のイベントが中心で、来場者も一緒に楽しめるのが魅力。たくさんの店から掘り出し物を探そう!

時間/9:00〜17:00
会場/笠間芸術の森公園イベント広場
問い合わせ/笠間焼協同組合
TEL.0296-73-0058
https://www.himatsuri.net

Image-empty-state.png

5月1日㈯、2日㈰ 観光帆引き船先行操業

霞ヶ浦の風物詩である帆引き船を間近で見てみよう。

時間/13:00〜、14:00〜
受付/かすみがうら市・かすみがうら市交流センター受け付け 
大人2,000円、小人1,000円
受け付け期間:4月19日㈪〜28日㈬
※各日30名限定、詳細、予約方法はかすみがうら市観光協会ホームページで
場所/かすみがうら市・かすみがうら市交流センター
問い合わせ/かすみがうら市観光課
TEL.029-886-3307
http://www.kasumigaura-kankou.jp

Image-empty-state.png

5月2日㈰、3日㈷ ハナゾノマルシェ

緑豊かなガーデンで行われるマルシェ。1日7〜8のハンドメイドブースが出店し、販売やワークショップを行う。会場となるFLOWERHILL HANAZONOでは、この日だけのランチボックスやお菓子を販売する。

時間/10:30〜15:30
会場/笠間市・FLOWERHILL HANAZONO
問い合わせ/FLOWERHILL HANAZONO
TEL.0299-45-4156

Image-empty-state.png

5月4日㈷ ギタブンまつりコンサート

ヴァイオリンとギターのデュオ「風の旅」と、太く厚いスイング感で古典的なサンバを演奏する「グルッポ・カデンシア」の2つのコンサートが楽しめる。

時間/12:00〜、14:00〜
料金/前売り一般3,500円、中学生〜大学生1,000円、小学生以下入場無料
会場/石岡市・ギター文化館
問い合わせ/ギター文化館
TEL.0299-46-2457

Image-empty-state.png

5月5日㈷まで 第42回特別展 東城寺と「山ノ荘」
ー古代からのタイムカプセル、未来へー

土浦市の北西部にある東城寺と東城寺経塚群。筑波山東南麓の山と里を舞台にした、信仰と祭りの軌跡をたどる。

料金/一般105円ほか
場所/土浦市・土浦市立博物館
問い合わせ/土浦市立博物館
TEL.029-824-2928

Image-empty-state.png

5月9日㈰まで あたご山 桜まつり

愛宕山では中腹から山頂にかけて桜が咲き、山がピンク色に染まっていく様子が見られる。標高差によって開花時期がずれるため、長い期間桜を楽しむことができる

■ライトアップ、イルミネーション、ハイキングを予定
場所/笠間市・愛宕山
問い合わせ/笠間観光協会
TEL.0296-72-9222

Image-empty-state.png

5月9日㈰まで 特別展「虎塚古墳壁画公開40周年ー公開と保存への挑戦ー」

2020年の10月、虎塚古墳は壁画公開開始から40周年を迎えた。壁画は、凝灰岩の表面に白色粘土を下塗りし、酸化第二鉄(ベンガラ)の赤色顔料を使って、紋様が描かれている。これまで毎年春と秋の年2回、一般公開を行い、貴重な壁画を公開してきた。特別展では、壁画発見から公開開始までの記録写真や、現在も実施している保存と公開の活動について、わかりやすく紹介している。

料金/入場無料
会場/ひたちなか市・ひたちなか市埋蔵文化財調査センター標本陳列室
問い合わせ/ひたちなか市埋蔵文化財センター
TEL.029-276-8311

Image-empty-state.png

5月9日㈰まで 第50回 笠間つつじまつり

昭和42年に市民によるつつじ一株運動より始まり、昭和46年に開園。標高143メートル、約7ヘクタールの園内に、霧島・日の出など様々な種類、約8,500株が山一面に植えられている。見頃になると小高い丘の上が真っ赤に染まり、目を楽しませてくれる。

入場料/大人500円(税込) 中学生以下無料 
※開花状況により変動あり
※会期中は「ツリークライミング」「スカイランタンフェスティバル」などを開催予定
時間/8:00〜18:00
会場/笠間つつじ公園
問い合わせ/笠間観光協会
TEL.0296-72-9222

Image-empty-state.png

6月13日㈰まで 第80回企画展「化石研究所へようこそ! ー古生物学のすすめー」

私たちは化石を研究することで、マンモスや恐竜などの絶滅した生物について知ることができる。この企画展では、化石を研究する方法、化石から分かる生命の歴史、化石の分類、茨城県の化石研究の成果について紹介する。
 今回から土日祝日および特定の日は有料・無料に関わらず事前予約が必要となる。オンライン予約については博物館のホームページで確認を。

料金/一般750円ほか
会場/坂東市・ミュージアムパーク茨城県自然博物館
問い合わせ/ミュージアムパーク茨城県自然博物館
TEL.0297-38-2000
https://www.nat.museum.ibk.ed.jp

Image-empty-state.png

3月27日㈯、28日㈰ 長寿の木「椿展」

江戸椿や肥後椿、香椿、唐椿、ベトナム椿のほか、椿の盆栽、ボタニカルアートなど約100点の展示と販売を行う。椿の多彩な魅力を紹介する。

料金/入園料一般150円ほか
場所/水戸市・水戸市植物公園
問い合わせ先/水戸市植物公園
TEL.029-243-9311

Image-empty-state.png

12月19日㈰まで 企画展 渋沢栄一と弘道館
ー大正5年5月28日の講演録からー

弘道館では、水戸藩における藩政改革派の重鎮として活躍した武田耕雲斎の書を特別公開している。大河ドラマ「青天を衝け」の主人公となる渋沢栄一は、大正5年5月28日に水戸を訪問して弘道館の孔子廟を見学し、館内で講演を行なっている。渋沢と水戸との関わりを解説する企画展も梅まつりに合わせて行われる。
 

場所/水戸市・弘道館
問い合わせ先/弘道館事務所
TEL.029-231-4725

  • Instagramの社会のアイコン
  • Facebook Social Icon
インサツと暮らしバナー+.png
麺s倶楽部

〒310-0065  茨城県水戸市八幡町1-2-101 Tel.029-221-0603

株式会社 ふじ工房

Copyright (C) 月刊みと All rights reserved.